20161009

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.widget.ArrayAdapter;
import android.widget.ListView;

public class MainActivity extends Activity {
private String[] data = { "1", "2", "3", "4" };
@Override
public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
super.onCreate(savedInstanceState);
ListView listView = new ListView(this);
setContentView(listView);

ArrayAdapter<String> arrayAdapter = new ArrayAdapter<String>(this,
android.R.layout.simple_list_item_1, data);
//第1引数にContextオブジェクト,第2引数にレイアウトファイルのID, 第3引数に表示するデータを示す配列もしくはListクラスを指定します。
//ListViewにデータを表示するには、Adapterオブジェクトを使います。
//Adapterはウィジェットと表示するデータとの仲介役をつとめるオブジェクトです。
//第2引数に指定している「android.R.layout.simple_list_item_1」は、
// アンドロイドにもともと用意されている定義済みのレイアウトファイルのIDです。
//setAdapterメソッドでListViewとこのAdapterオブジェクトを結び付けています。
listView.setAdapter(arrayAdapter);
// lv.setSelection(1);
// lv.setTextFilterEnabled(true);
}
}