20160915

テクノロジーの進化によって、極めて近い将来、英語と日本語の区別がなくなるらしい。言語による障壁はなくなってしまうらしい。英語を勉強するって無意味になってくるのかな。

20160522

BBCのNEWSを読む際に使っているタブレットは、ヤフーオークションで購入したdocomo SC-03G GALAXY Tab S 8.4とau GALAXY Tab S SCT21を使っている。SAMSUNGの辞書は旺文社だったと思うが、引けない単語が多くあり、さほど重宝しないが選択した単語の直近にコピー、辞書検索が表示されるのがとても利用しやすい。5cm画面を移動するのが面倒なのだ。英辞郎POPと組み合わせると最高に利用しやすい。ChromeのWeblioポップアップ辞書を使うのもいい手だと思って、8インチWindowsタブレットを2台も手に入れて使ってみたけれど、非力でスムーズにいわゆるさくさく勉強できない。HP  Elite x2 1012 G1 M7-6Y75 256GBがいいなと思うけど¥175,824と高額でレビューもほとんどないので思いとどまっている。

 

20160220

どうして何年かかってもBBCの記事が読めないの 

高校を卒業してから、本当に長い間、暇を見つけて、英語を勉強してきたが、還暦を過ぎても、いまだに辞書を必要としている。自分自身の大脳がクールではなかったのが最大の原因だと思う。類推して英単語の意味を正確に把握できないのだ。二十歳代初期に、AsahiEveningNewsとかJapantimesとかを努力して読んでいたけれど、NewYorkTimes、NewsWeekとかはあまり読めなかった記憶がある。AsahiEveningNewsの社説、天声人語の英語記事を切り抜いてノートに糊で張り付けて、全訳していたのだけれど、だんだんこれらの記事は日本人が英語にしているのだとわかってきた。英語の構文が教科書的で、記事を読んでいると日本人の発想で英訳しているのがわかる。受験英語も同じような状況ではないかと思っている。センター試験英語は長文読解はいつも満点、文法とかが駄目で足を引っ張り、いくら時間をかけても完璧にできなかった、90%ほどしか得点できなかった。日本人が日本人的発想で書いた教科書的な重要構文を多用した長文は大学受験には役立つけれど、BBCとかReuterの記事をいざ、読もうと取り組んでも、ほとんど理解できなかった。日本英語を勉強していただけなんだと何十年も後になって解って、泣きたいほどの残念な気持ちなる。先達はあらまほしけれだ。