20170320

s7edgeをヤフーオークションで手に入れた。英辞郎を組み込み際に、PCで接続するとs7edgeのフォルダーが認識されなくてちょっと焦った。s7edgeのセキュリティが関係してもうフォルダのコピペは不可能になったのかなと思ったが、microUSBにメモリーを直接挿し込んでs6egeにあるdicdataのフォルダーをコピーして、s7egeにそのままペーストしたら、英辞郎はうまく動作した。

20170117

エイスース 7.9型タブレットパソコン ZenPad 3 8.0 SIMフリーモデル (ブラック)ASUS ZenPad 3 8.0 Z581KL-BK32S4を購入した。

Chrome Beta を入れると英単語の長押しで下にGoogleの検索画面がポップアップされる、これをタップしないと意味が表示されないのだが、かなり便利である。普通の辞書に載っていないような、例えば最近の映画の内容とかすぐ検索できる。英単語長押しで選択した英単語のすぐ上にコピー、共有、ウェブ検索などがポップアップされる。これも便利である。英辞郎POPもインストールしておけば素早く単語の意味を検索できる。さらに注目すべきはこのASUS ZenPad検索速度が今までのスマフォ、タブレットと比較して最速なのでとても快適だ。速さははっきり認識できる。Galaxyの辞書機能がほかのメーカーを圧倒していたので、Galaxyを使っていたが、他のメーカーもこれで十分選択肢に入る。CPUが早くなってメモリーが6GBになったらいいな。最速のガジェットを求めると古いタブレットがたくさん残っていく。

 

20160903

Chromeの拡張機能で英辞郎 on the WEB 拡張機能を利用するとダブルクリックで新しいタブが表示されて便利だ。前からこの拡張機能をインストールしていたと思うけどこんなに便利だったのかなー。辞書が英辞郎なのがとてもいい。難点は検索結果が新しいタブで表示されるので検索した後、開いているタブを閉じないといけないのが面倒である。連語もマウスで単語を選択しただけで検索できるのでいい。Weblioポップアップ英和辞書は検索したい単語にカーソルを合わせるだけで意味がポップアップされて軽快ではあるけれど、動作が不安定だし、連語は無理だし、最終的には英辞郎 での検索になってしまうので、英辞郎 on the WEB 拡張機能が最強かな。Atomとかの非力なタブレットでは全く使えないのがとても残念。Galaxy note 7は10万するけど購入しよう。Galaxy の新型タブレット発売されないかな。

 

20160903

Galaxy note 7 出火によるリコールが決まった。残念です。

Galaxy s7edgeはMVNOでサポートしていなかったので、ヤフーオークションでGalaxy s6edgeを3万円で落札した。時代の進歩を感じる。辞書はCollinsとObunshaが入っている。simfreeのGalaxy s7edgeがよかったかな。

 

20160803

Galaxy note 7 価格がいくらでも、手に入れたい。simfreeを。翻訳ツール:S Penを単語の上にかざして、Google翻訳を呼び出すことができる。拡大鏡:S Penを画面上でホバリングさせることにより、詳しく見たい部分を拡大表示できる。

galaxy edge6を3万円でヤフーオークションで手に入れた。軽さがいいね。galaxy edge6のドコモ版はbiglobeでテザリングができないので注意すること。所有しているスマートフォン、タブレットはすべて英文翻訳が快適にできる機種だ。

 

20160530

Chrome の拡張機能にGoogle Dictionary (by Google)がある。Pop-up definitions:で

 Display pop-up when I select a word or phrase

Trigger key: none にすれば意味がPop-upされる。The nurse, from Halfway, Cambuslang, contracted Ebola .の文でcontractedを選択すると契約しました、縮む、請け負うが表示されてしまう、限界があるかな。で拡張機能Weblioポップアップ英和辞書の方が使えるかな、PCはエプソンTB01Sを使っている。ペンを単語の近くに持ってくるだけで意味がポップアップされる。快適だが感度がよすぎる感じ。たぶん調整できると思う。Windows10にブルーライトカット機能があればいいのだけれど一番暗くしても目が疲れてしまう。と思ったけれど調べてみるとf.luxがあった。何か使えそうな予感がする。先ほどのcontractedをポップアップさせるとやはり病気になるの意味は出てこない。少しWeblioポップアップ英和辞書とf.luxの組み合わせでBBCの記事を読んでみたい。拡張機能にTurn Off the Lightsがあった。これでナイトモードにできる。話が混乱してきているのでまとめると、ブラウザはChromeで、拡張機能はWeblioポップアップ英和辞書とTurn Off the Lights。そしてWindowsのフリーソフトf.luxでブルーライト対策する。誤動作が頻発するが使い慣れたらうまくいくかもしれない。

 

この頃、AndroidStudioに夢中になってしまって、BBCの記事をアップロードしていないけど、読んでいる。 

 

GALAXY Note Edge 

  • 辞書機能が装備されている。
  • 長押し一回で辞書がポップアップされる。
  • 英辞郎POPをインストールできる。
  • 高性能なのでレスポンスが早い。
  • 外出時のちょっとした空き時間にささっとBBCを読める。
  • Androidに共通しているが、ブルーライト軽減アプリを入れると夜中、目が疲れない。

画面サイズ5.6 インチ。辞書機能は単語をタッチ、辞書をタッチで起動する。つまり、2手間で済む。一度辞書を起動させると、次は長押し一回で意味が表示される。辞書自体はそこそこ行ける。単語が複数形であっても単数形にして表示してくれる。富士通のArrowsNX F06Eは単数形で単語を選択しないと辞書が起動しない。内蔵されている辞書と英辞郎POPを組み込めばかなり快適になる。英辞郎POPを起動するには単語をタッチ、コピーをタッチで起動する。つまり、2手間で済む。英辞郎POPは単語の意味が順序良く整理されていて辞書としては一番ではないかと思うが、起動が遅い、遅いといっても1秒以内だと思う。不満なのはいずれの辞書も語源を調べられない点である。語源を調べるには単語をタッチ、Web検索をタッチでWeblio辞書などで調べることになる。

 

左はGALAXYNote Edgeに搭載されている辞書機能を示した。

単語を選択して左端の辞書をタップすれば下に意味が表示される.

辞書を表示したままであれば、次に調べたい単語はロングタッチするだけで表示される。

快適に動作する。


 

左はGALAXYNote Edgeに英辞郎POPを入れて、表示した。単語の意味だけが整理されて表示されるのが良い。例文は必要ない。ただ語源がないのが残念だが、速読には最適な辞書である。


 

iPad mini 4

  • 画面サイズ7.9 インチで軽量。でも外出時は疑問符が付く。家で寝転がって読むのには最適かもしれない。
  • バッテリの持ちもいい。
  • 単語ロングタッチ、辞書タッチの2ステップで辞書が表示される。
  • iOSなので英辞郎POPを利用できない。
  • ナイトモードにして読むとき、レイアウトが崩れてしまうので何処を読んでいるのかわからなくなってしまう時がある。
  • 辞書管理機能が未完成。特定辞書を削除したいと思っても削除できないなど。

OXFORD DICTIONARY OF ENGLISH とウイズダム英和辞典で調べることができる。単語の意味すべてが表示されないのでポップアップされた辞書をもう一度タップすることになり、その後上に指でスワイプしなくてはいけない。OXFORD DICTIONARY OF ENGLISHは例文が多く、英辞郎POPのように多くの意味が整理されて表示されない。語源ORIGINは最後に表示される。元の英文を読むのが本来の目的だが、辞書の内容を詳しく調べてしまって、速読には不向きで、時間に余裕があるときじっくり読むときに適している。


Arrows NX F06E

  • 一番の利点は単語のタッチだけで辞書が起動する。
  • 辞書の最後に語源が表示されるが、例文が多く、英辞郎POPのように単語の意味が簡潔にまとめられていない。

 

ディスプレイ約5.2インチ。単語が複数形だと単数形にしないと検索しない。これは-edがついている場合には原形にしなければ検索しない。この点はとても不便で、GALAXY Note Edgeのほうが使い勝手がいい。Androidなので英辞郎POPを組み込むことはできるが、最上部のコピーまで5cmほど指を移動しなくてはいけない。メモリーも2GBでGALAXY Note Edgeのようにサクサク動作するブラウザではない。